2009年10月29日

『掲示板投稿ラブレター』

●ブルースマン さん 「フール・オン・ザ・ヒル」




山の上に来ています
冷たい風が
木の枝をなでて去っていき
むきだしのエンジンが
チリチリと冷えていく音をたてています

はるか遠くから歓声が聞こえ
セットのうねりが近づいてきて
期待と少しの緊張で高揚したみんなの顔がみえます


世界から隔絶されたようなこの場所で
未送信のメールが一通ふえました




******************


●レイコ さん 「星に願いを」




せっかく連れてきてくれたけど、
流れ星、見えないねえ・・・

ねえ、オリオン座流星群って、
東の方角に見えるんでしょ!?

志賀島からドームが見えるって
・・・、これって西向きじゃない!

ねえ、どこを見ているの?

ねえ、何を見ているの?



****************

posted by Noriko at 11:51| 福岡 | Comment(0) | ☆投稿ラブレター一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

『掲示板投稿ラブレター』

●階段小僧 さん 「キミと僕との関係について・・・」



知り合って10年かな?
俺たち二人の距離って
絶妙の距離だって、思うんだ

恋人でもない
友達でもない
ココ!という時にそばにいてくれて
会って、話して、一緒に飲んで
完璧なフォローをしてくれるキミ

恋人というには距離があり
友達というには近すぎて
親友というより、もっと柔わらかで

二人の間にある
絶妙の距離感を
これからもずっと楽しんでいたい
すばらしい出会い…
キミに、ありがとう
これからも、よろしく


******************


●エレミア さん 「マジカルミステリーツアー 」




準備をすませた二人旅も楽しいけれど
時には、何も決めずに出かけてみたい
何をするかはその場で話し合いながら
行き当たりばったり・・・
そんな時間が楽しそうで

何の準備も無く
いつもと違う場所にでかけると
もしかしたら
いつもと違う君に出会うかもしれない
そんな時間が楽しそうで


**************
posted by Noriko at 16:04| 福岡 ☀| Comment(0) | ☆投稿ラブレター一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

『掲示板投稿ラブレター』

●クイカイ、マニマニ さん 「もしかして」




この前、君のおじさんと飲んでいて

おじさんから聞いたんだけどさ・・・

もちろん、昔の話だけどさ

僕の親父とおじさんとで「僕ら二人を結婚させる!」

・・・なんて、相談をしていたんだって。

ねえ、どう思う?

もちろん、僕は君の事を妹のように思っているから

親父たちの計画が、もしも実行されていたら

僕らどうなっていたんだろうね。



********************



●ハルカ さん 「川の流れと」





過ぎ去った時間を振り返ると
楽しかったこと、嬉しかったことばかりが思い出され
気持ちが押しつぶされそうになる

現実を直視できず見てみぬふりを決め込む・・・自分
今のままでは何も解決できない

『もう後戻りできない』と
自分に強く言い聞かせ
前を向いて進みたい



*****************
posted by Noriko at 08:18| 福岡 ☀| Comment(0) | ☆投稿ラブレター一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

『掲示板投稿ラブレター』

●もも さん 「シアワセ」



「幸せ!」って気持ちは
「おいしい!」って気持ちと
とても似ている、と言った人がいた。

一瞬、つかまえた!!と思うけど
次の瞬間にはもう捉えどころがなくなって
ホントにあったのかさえ分からなくなる。

しあわせ、って気持ちもおいしい、って気持ちも
その原型がしっかり自分の中にないと
その一瞬を取り逃がしてしまう。

だから私は両親に感謝する。
しあわせとおいしいの基準を私に与えてくれたことに。

さあ、今日は何を食べようかな☆


******************


●大仰 さん「喪失と自由」




喪失は人を深い思索へ向かわせる

喪失したものが大きければそれだけ思索の深みへ

そしてやっと気づく

本当の幸福を感じることができるのは

同じ深みを知った誰かと気持ちを分かち合う時だと

もし喪失したものが

その誰かだとしたら

これほどの不幸はないのだろう

たとえ自由とのひきかえだったとしても


自由は静かで孤独だ

まるで海底のイカリのように


死ぬことは怖くない

誕生の瞬間から死という病を得ているのだから

あの何億光年もの闇を照らす星さえも滅するのだから



********************

posted by Noriko at 15:47| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

『掲示板投稿ラブレター』

●サライ さん 「君へ・・・」




自分の正しさ、などというものは
儚く、もろく、
なんと傲慢な利己的妄想であったことか、と
こんな年になってようやく気付くものだとは・・

ああ、しかし君よ、若き君よ!

君はその道の果てにある、輝く城を
今はまっすぐにその澄んだまなこで
ただ求めて駆けて行け。
今はその時・・・


*******************


●HIKARI さん 「彼方より・・・」




あの星の光は
ずっと昔に星を出て
今、私に届いたのだという。

何万光年、何億光年の彼方から
今はあるかどうかさえ定かでない星たちが
今なすすべもなく立ちすくむ私に
繰り返し問いかける。

嘘、ホント、
嘘、ホント、

本当に欲しいものは何?・・・・と。



******************

posted by Noriko at 10:46| 福岡 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。